野村リポートが話題 トランプ大統領で日本株は“沈没”する

公開日: 更新日:

 兜町がドタバタし始めた。米大統領選で泡沫候補に過ぎないとタカをくくっていたトランプが、まさかの躍進を遂げているからだ。

「トランプに勢いが出てきた3月ごろ、市場は“トランプ銘柄を探せ”とはしゃいでいました。トランプ製造の任天堂などが面白半分で取りあげられましたが、もはや遊び半分ではいられません。冷静に分析する必要が出てきました」(証券アナリスト)

 驚くべきことに、日本を代表する証券会社の野村証券が、「『トランプ米大統領』は無視できなくなってきた……」で始まる「仮想『トランプ米大統領』下の日本経済――過激な『内向き』政策は日本経済にネガティブ」というリポートを出したのだ。トランプの発言をもとに、日本経済への影響を真剣に論じている。

 例えば、トランプは為替相場に関し、「この程度まで円安に誘導されると競争自体が不可能だ」と日本を名指しで批判したとして、野村はドル安・円高の加速を予想し、「1ドル=100円を下回る円高が進むと、製造業の生産の海外移転が再加速する公算が大きい」と分析している。深読みすれば、トランプが大統領になると、1ドル=100円時代に突入しかねないと警鐘を鳴らしたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る