英のEU離脱に市場警戒 「ブリグジット・ショック」の悪夢

公開日:  更新日:

 “ブリグジット・ショック”に警戒せよ――株式市場に不穏な空気が漂い始めた。

「ブリグジットなんて実際には起きないとタカをくくっていましたが、ここへきて様子が一変してきました。覚悟を固めたほうがいいかもしれません」(証券アナリスト)

 今月23日に英国でEU離脱を問う国民投票が行われる。ブリグジットとは「英国がEUを離脱する」という意味で、「Britain(英国)」と「Exit(出口)」の造語だ。1年ほど前から英国で頻繁に使われるようになり、世界金融市場での認知度も高まった。

 英キャメロン首相はEU残留を訴えるが、直近のネット世論調査は「離脱」が45%と、「残留」の41%を大きく上回った。

「EU離脱が濃厚になっています。今年1月の調査では残留が44%で、離脱は38%に過ぎませんでした。それが、ほぼ半年で逆転です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る