日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低価格飲食チェーンが9月大盛況 デフレに逆戻りクッキリ

 低価格チェーンの売上高がグーンと伸びている。

「“デフレに逆戻り”を実感する動きです。小売り各社の9月売上高速報を見ると、それがよく分かります」(市場関係者)

 9月中旬に上場した「串カツ田中」は1本100円~がウリ。サラリーマンの支持を集め、9月の売上高は前年同月比102.4%と好調だった。

 280円均一で攻める「鳥貴族」は101.8%。牛丼チェーンの「松屋」は105.4%で、「すき家」は103.4%だった。

 グラスワインが100円から楽しめるカジュアルイタリアンの「サイゼリヤ」は103.2%、釜揚げうどんで知られる「丸亀製麺」は105.4%と絶好調だ。100円ショップの「セリア」も102.6%を記録している。

■百貨店はメタメタ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事