犬の鳴き声の“ワン”関連も 戌年相場の爆騰期待「21銘柄」

公開日:

 新年相場がスタートした。日経平均は昨年まで6年連続で上昇。今年は7連勝がかかるだけに兜町の気合は十分だ。

「戌年は過去4勝1敗と好調です。大手証券の相場見通しも強気だし、株バブルの予感がたっぷりです」(市場関係者)

 2018年末の株価予想は野村証券が2万4000円、メリルリンチ証券が2万5000円、大和証券は2万7000円と、17年大納会(2万2764円)より上昇と読んでいる。

■昨年(酉年)が鳥貴族なら今年は?

 テーマ別の推奨銘柄も目白押しだ。ユニークなのは干支にちなんだ関連株。昨年(酉年)は焼き鳥チェーンの鳥貴族が年初から1週間ほどで6.7%、小物家電のツインバード工業は同じく14.1%の上昇率を記録した。今年の狙い目は?

「ブルドックソースや、犬のマークでおなじみのJVCケンウッドでしょう。ペット保険のアニコムホールディングスも期待が膨らみます。犬の鳴き声“ワン”に絡む銘柄も面白い」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る