ファミマも参入 コインランドリー投資のうまみと落とし穴

公開日: 更新日:

 やはり「コインランドリー投資」は儲かるのか――。ファミリーマートがコインランドリー事業に参入する。コインランドリーはこの10年で3割拡大し、現在1万6000店以上に増えた。ファミマは右肩上がりの成長業界と手を組む作戦だ。

「単身者に加え、忙しい共働き世帯が増えたため、コインランドリーのニーズはますます高まっています。駐車場がある郊外を中心に2019年度末までに500店舗を展開する計画です。当社としては、洗濯の待ち時間に店内でコーヒーなどを購入していただく『ついで買い』の相乗効果も期待しています」(ファミマ広報室)

 大手コンビニが本格参入を決めたコインランドリー投資は、サラリーマンの副業としても人気が高まっている。洗濯機、乾燥機、内装工事代など初期投資に約1500万円以上かかるが、マンション投資よりもお手軽なうえ、空き室の心配もない。ランニングコストも家賃、水道代、光熱費、清掃のパート代くらい。自分の物件で“家賃ゼロ”なら年20%以上の高利回りも夢ではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る