今期最高益 ソニー平井社長が代表権を返上する意外な理由

公開日: 更新日:

 ソニーの平井一夫社長(57)が4月1日から会長に退く。新社長は下馬評通り、吉田憲一郎副社長(58)の昇格だ。

 先週2日、急きょトップ交代の会見がソニー本社で開かれた。平井社長はCEO(最高経営責任者)を吉田副社長に譲り、代表権も持たない。

「平井社長は今期(2018年3月期)の最高益を花道にして、経営の第一線からキッパリと退きたいのでしょう。本音をいえば、会長職にすらとどまりたくなかったと思います。ただ、吉田副社長は地味な印象だし、“ソニーの顔”としては少し物足りない。吉田氏がソニーのトップと認知されるまでサポートするということでしょう」(市場関係者)

 ソニーの歴代トップには井深大、盛田昭夫、大賀典雄、出井伸之の各氏などカリスマ性を持った経営者が目立った。平井社長にしても、入社はグループ会社のCBS・ソニー(現ソニー・ミュージック)で、その後、ソニー・コンピュータ・アメリカなど派手な業界を転々としている。「それだけに存在感はある」(電機業界関係者)のだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る