日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソニーが29年ぶりレコード生産 「アナログ音」復活の兆し

 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME=東京都千代田区)は、アナログレコードの生産を29年ぶりに再開する。1969年から89年までレコードを生産していた静岡の子会社工場で、今年度中の受注、生産を目指すという。すでにレコードのモトになるマスターに溝を掘るカッティングマシンなど機械もそろいつつある。

 中古レコードは辛うじて街で目にするが、新規製造のために工場立ち上げとは、ちょっとピンとこない。

「欧米で起きているレコードブームが、若者を中心に日本にも波及しつつあります」(SME広報担当)

 日本レコード協会によると、アナログレコードの生産量は85年に1億2400万枚あったが、09年は10万枚まで落ち込んだ。ところが、近年は盛り返し、13年以降は右肩上がり。昨年は約80万枚まで増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事