「今夏は暑い」と気象庁予測 “猛暑&水不足”関連銘柄18社

公開日:

 今年の冬は極寒だったが、今夏は一転、猛暑になりそうだという。

 気象庁が先月発表した見通しによると、日本付近は6月から8月にかけて、夏の高気圧に覆われやすく、地球温暖化の影響もあり、全国的に最高気温が35度を超える猛暑日も多くなりそうだという。梅雨のシーズンに、雨が少なかった場合、水不足も心配される。

 今から「猛暑」「水不足」関連株を仕込んで、今年の夏を“左うちわ”で涼みたい。

「兜町では、麦わら帽子は冬に買えといわれます。気候が暑くなったら遅い。気象庁も猛暑を予想しているならなおさらです。関連株は早めに仕込んだ方がいい」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日差しにはUVカットが欠かせない。資生堂など化粧品関連のほか、原料の酸化チタンを製造するテイカに注目。メガネのジンズは、哺乳瓶などで使われる素材の軽いサングラスを取り揃える。小林製薬の「熱さまシート」は知名度抜群。熱中症予防にはカンロのしお飴が定番だ。サンコーテクノの熱中アラームは「暑さ」を数値で示し、アラーム音で教えてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る