セキセイ西川雅夫会長<2>目の前にあるヒントに気づくか

公開日:

 大阪の文具メーカー「セキセイ」は、1932年、現会長の西川雅夫の父、西川誠一郎が創業した。最初は文具問屋だったが、戦後、文具メーカーに転身、社名もセキセイ文具として新たなスタートを切った。

 社名のセキセイは、セキセイインコに由来する。戦後、多くの家庭で小鳥を飼っていて、セキセイインコは誰もが可愛がる存在だった。さらに、つがいの仲がいいことでも知られており、家庭平和の象徴でもあったことからこの名をつけた。

 当初の主力商品はペン軸だったが、その後、ボールペンが普及すると同時にペン軸は斜陽産業となる。そこでバインダーの製造・販売に移行すると同時にスチール机・椅子の販売にも力を入れた。48年生まれの西川は、当時はまだ少年だったが、主力商品の衰退と事業の転換は深く心に刻み込まれた。

「どんな事業であっても、いつダメになるかわからない。その時どうするか、常に考えるようになった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る