メキシコ制裁関税めぐり米最大経済団体が政権提訴を検討

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領が米国への不法移民流入を理由にメキシコからの全輸入品に制裁関税を課すと表明したことを受け、米産業界はもちろん、政権閣僚の間にも反発が広がっている。

 米最大経済団体の商工会議所は31日午前、米政権に差し止めを求めて提訴を検討していると明らかにした。また、自動車や農業などの各団体は輸入品の値上がりを強く懸念する声明を出した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版によると、ライトハイザー通商代表は、メキシコやカナダと結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定の批准手続きが滞ることを懸念して、対メキシコ関税に反対した。

 CNBCテレビによると、ムニューシン財務長官も関税に難色を示したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る