開幕投手に“黄信号” 初登板のダルがわずか12球で緊急降板

公開日: 更新日:

 エース右腕にいきなり故障発生である。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)は5日(日本時間6日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでロイヤルズとのオープン戦に初登板したが、右上腕三頭筋の張りを訴えて降板。1回、わずか12球で、予定していた2回、35球に達することなくマウンドを去った。

 先頭エスコバルへの初球は89マイル(約143キロ)と球威がなく、不安な立ち上がり。そのエスコバルに右前打を許したが、4番モラレスのバットを変化球で空を切らすなど、後続を打ち取って無失点で切り抜けた。

 球団によれば、1回を投げ終えてベンチでマダックス投手コーチに張りを訴えたため、大事をとって交代させたという。

 登板後のダルは肩、肘をアイシングしながら報道陣に対応し「ブルペンで投げていてだんだん張ってきた感じ。そこから力をあまり入れずに制球だけ意識して投げた」と説明。患部の状態に関しては「まったく心配する必要はないです」と軽症を強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る