開幕投手に“黄信号” 初登板のダルがわずか12球で緊急降板

公開日: 更新日:

 エース右腕にいきなり故障発生である。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)は5日(日本時間6日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでロイヤルズとのオープン戦に初登板したが、右上腕三頭筋の張りを訴えて降板。1回、わずか12球で、予定していた2回、35球に達することなくマウンドを去った。

 先頭エスコバルへの初球は89マイル(約143キロ)と球威がなく、不安な立ち上がり。そのエスコバルに右前打を許したが、4番モラレスのバットを変化球で空を切らすなど、後続を打ち取って無失点で切り抜けた。

 球団によれば、1回を投げ終えてベンチでマダックス投手コーチに張りを訴えたため、大事をとって交代させたという。

 登板後のダルは肩、肘をアイシングしながら報道陣に対応し「ブルペンで投げていてだんだん張ってきた感じ。そこから力をあまり入れずに制球だけ意識して投げた」と説明。患部の状態に関しては「まったく心配する必要はないです」と軽症を強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る