開幕投手に“黄信号” 初登板のダルがわずか12球で緊急降板

公開日:  更新日:

 エース右腕にいきなり故障発生である。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)は5日(日本時間6日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでロイヤルズとのオープン戦に初登板したが、右上腕三頭筋の張りを訴えて降板。1回、わずか12球で、予定していた2回、35球に達することなくマウンドを去った。

 先頭エスコバルへの初球は89マイル(約143キロ)と球威がなく、不安な立ち上がり。そのエスコバルに右前打を許したが、4番モラレスのバットを変化球で空を切らすなど、後続を打ち取って無失点で切り抜けた。

 球団によれば、1回を投げ終えてベンチでマダックス投手コーチに張りを訴えたため、大事をとって交代させたという。

 登板後のダルは肩、肘をアイシングしながら報道陣に対応し「ブルペンで投げていてだんだん張ってきた感じ。そこから力をあまり入れずに制球だけ意識して投げた」と説明。患部の状態に関しては「まったく心配する必要はないです」と軽症を強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る