ダル 米メディア報じた“昨季のズル休み疑惑”に英語で猛反論

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が昨季終盤に戦列を離れたことに自ら英語で弁明した。

 1日(日本時間2日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでの練習後、日米メディアの取材に応じ、右肘の違和感で昨年8月9日のアストロズ戦を最後に故障者リスト(DL)入りしたことに言及。

 米メディアの間ではダルが自らの意思でシーズンをシャットダウン(休養)したのではとの見方が広がっていることに真っ向から反論した。

「僕はチームを離れたわけではない。チームメートも球団も好きだし『チームを離れた』というのは真実ではない」と流暢な英語で話した。

 昨季のレンジャーズは早々とプレーオフ進出争いから脱落したため、故障後、ダルは登板を回避した。患部の治療を優先し、早めに来季に備えさせようとのダニエルズGMの配慮からだった。当時のダルは地元メディアに対して「投げられるけど無理するところじゃない。別に投げる必要もない」などと発言したため誤解を招いたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る