ユニ脱ぐとまるで別人…ダルも落ちた山本聖子の“寝技”伝説

公開日: 更新日:

「選手としての力量は落ちても、オンナとしての技量だけは現役時代のままだな」――。

 レスリング関係者から、こんな声が聞こえてきた。レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が自身のブログで妊娠していることを発表した恋人で、レスリング元世界女王の山本聖子(34)に関してだ。

 山本は現在、お腹の子の父親であるダルとともにキャンプに同行。25日(日本時間26日)にはキャンプ地サプライズに姿を見せ、フリー打撃で安定感のある投球を披露したダルを見守った。今後もキャンプ地に滞在し、右肘痛からの復活を目指すダルを支えるそうだ。

 山本はダルより6つ年上。昨年離婚した元夫でハンドボール日本代表の永島英明(37)との間に息子が1人いるとはいえ、レスリング関係者は「聖子ならダルを籠絡するのもわけないだろう」とこう続ける。

「レスリング選手にしては見栄えはいい方だけに、若いころから男子選手にはよくモテた。試合では闘志をむき出しにして相手選手をマットに沈める一方で、ひとたび、シングレット(ユニホーム)を脱ぐと、まるで別人。本人は無意識にやっているのかもしれないが、とにかく甘え上手で、シナまでつくる。マット上とプライベートのギャップから、聖子のとりこになる男子選手は少なくなかった。男女合同で行った合宿の際にはスパーリングパートナーを買って出る選手もいたほどです」

 山本に好意を寄せる選手同士が、試合で火花を散らすのも珍しくなかったという。

 ダルは山本にメロメロにされたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う