井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

トランプ大統領よ、あんたはレンコンの味など知らんだろ

公開日: 更新日:

「茶わん蒸しはどうです?」

「食うに決まってるよ」とすぐに注文。具のまつたけは県内産、カニだけは北海道から。「生しらす」も頼んだ。田子ノ浦産だ。昔、ヘドロ公害のせいで怪獣ヘドラの場所とバカにされたが、長年の浚渫作業も終わった。しらすはその日に食べないとダメ。だから地元食だ。大きな切り身の「戻りガツオ」もいただいた。高知沖で命拾いして大きくなって、気仙沼で揚げられたヤツ。かなり美味。最後は桜海老の天ぷら。酒も進んでしまったが食材に関わってる人の気持ちが分かった。

 トランプよ。食ったことない味ばかりだろ。安倍君もいつまでもハンバーガーの腰巾着になってないで、我々の「味」をちゃんと分からせる外交をしたらどうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る