井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

トランプ大統領よ、あんたはレンコンの味など知らんだろ

公開日: 更新日:

 トランプよ、あんたはレンコンの味など知らんだろ。中国との貿易不均衡をただす前に中国産でもいいからちゃんと食ってみてから相手にモノいうことだ。人間、食い物でまず心をつなげてからだろうが。分かんねぇだろうなぁ……(オレは松鶴家千とせか)。アメリカ人は蓮の天ぷらなんて食うわけないか。以前、ニューヨークの寿司屋でタケノコご飯をよばれていたら、隣に座ったにぎり寿司に不向きな付け爪を伸ばした白人女が「それ何?」と聞くので、バンブーライスと言ってやるとしばらくオレを見たままフリーズしていたが。

「これは実は室蘭で揚がったんです」という涎の出そうなサンマの塩焼きも頼んでみた。水揚げされるや飛行機で築地へ来るので楽に入るとか。日本は狭いから便利だ。日本中がぜいたくになった。目の前にあるマグロの赤身の色がいいのでついでに注文。清水港に揚がったインド洋の南マグロ。取るなり零下70度で瞬間冷凍庫に入るから鮮度はそのままだと。昔はそんな冷凍装置は遠洋船には積んでなかった。まさに文明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  4. 4

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る