新作でアル中男の再生描く ガス・ヴァン・サント監督に直撃

公開日: 更新日:

 アル中で自暴自棄になっている中年男にも明日はある。名作「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督(66)の新作「ドント・ウォーリー」が話題だ。主人公は酒でハメを外しての交通事故によって、下半身不随になってしまう。約10年ぶりに来日した監督に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――2010年、59歳で亡くなった風刺漫画家ジョン・キャラハンの人生を映画化しようと持ちかけたのは俳優のロビン・ウィリアムズだったとか。

「そう。『グッド・ウィル・ハンティング』に出演していたロビンが監督してくれないかと持ちかけてくれたんです。キャラハンの自伝は面白く、また同じオレゴン州の同じ界隈に住んでいて、彼が赤い髪をなびかせて、雨の中でも車椅子を猛スピードで走らせている姿をよく目にしていた。それに、たとえ人生最悪の目に遭っていても、再生できるんだと彼は実際に証明しているわけですからね。これは撮るべき作品だと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る