斉藤慶子が還暦で魅せた奇跡のSEXY!「完熟美女グラビア」次は誰が見たい?

公開日: 更新日:

 今月14日に60歳を迎えた女優の斉藤慶子が、発売中の「週刊現代」で約30年ぶりとなる水着グラビアを披露している。

 グラビアは袋とじを含む9ページ。自身のデビューのきっかけとなった「JAL沖縄キャンペーン」(82年)を彷彿させる、青空と海をバックにした鮮烈な黒ビキニ姿だ。当時は熊本大学在学中の女子大生だったが、40年経った今でもまったく変わらないスタイルは圧巻。担当した編集者によれば現場の雰囲気も非常に良かったと言う。

「撮影現場では、“キレイ~”“かわいい”という声が飛び交っていました。肌艶、スタイル、美貌すべてが素晴らしく、斉藤さんを昔から撮っていたカメラマンの野村誠一さんはじめ、スタッフが『30代に見える!』『いや20代でしょ!』なんて掛け合いながらの楽しい撮影でした。斉藤さんは『還暦だってビキニを着られるという勇気を女性の皆さんに持ってほしい』とおっしゃっていました」

 “アラ還”女優のグラビアといえば、昨年10月、“♪今のキミはピカピカに光って~”の宮崎美子(62)が40年ぶりに“奇跡のビキニ”を披露し、話題になったことも記憶に新しい。

 斉藤本人もスポーツ紙の取材に「宮崎美子さんのグラビアを拝見して、こういうのもすてきだなと思って挑戦しました。私たち世代の元気になれたらうれしいですね」と答えているが、「グラビアアイドル『幻想』論」の著書もあるグラビア評論家の織田祐二氏はこう話す。

「この年齢とは思えないほどスタイルも肌のハリも素晴らしい。かなり面積が大きめの水着ですが、しっかり胸の“谷間”があるのもありがたい。若い頃よりバストは大きくなっているんじゃないですかね?」

一番は池上季実子

 年齢を重ねても若々しく、なお妖艶さを増す完熟美女のグラビアが見られるのはナンともうれしい限りだが、織田氏はこう続ける。

「宮崎美子、斉藤慶子と続きましたが“オーバーシックスティー枠”で今の水着グラビアが見たい人といえば、アグネス・ラム(65)や浅野ゆう子(61)らでしょうか。その中でも一番は池上季実子(62)です。若い頃はほっそりしたセクシーさでしたが、今はいくぶん脂が乗って、ふくよかな感じになっていて違う妖艶さが増していると思います。若い頃にグラビアをやっていない人なら大地真央(65)。身長が165センチもあって、宝塚出身らしく姿勢も美しく、メリハリの利いたスタイル抜群のボディーです。アイフルのCMでもオーラが出まくっていますよね」

 若い頃にお世話になった美女の“今のビキニ姿”が拝めることは大歓迎。回春効果もバッチリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る