TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?

公開日: 更新日:

 長谷川博己(47)が主演を務める日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)が14日、スタート。今作は長谷川が2017年の「小さな巨人」以来、7年ぶりに日曜劇場で主演を務める作品。昨年大ヒットした日曜劇場「VIVANT」同様に、ストーリーや詳細などを一切明かさない“宣伝しない宣伝”の手法をとり、「VIVANT」の脚本家や演出家、プロデューサーなどが、今作の制作にも携わっている。そんな戦略も功を奏し、初回の世帯平均視聴率は「VIVANT」と同じ11.5%をマークした。

 最近の日曜劇場といえば、昨年10月期「下剋上球児」の世帯の全話平均が9.6%、今年1月期「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」が10.7%だった。14.3%に達した「VIVANT」と初回放送の視聴率が同値だったことは吉兆と言えそうだが、日曜劇場には課題も残っている。

「Netflixのランキング上位に食い込み、海外ユーザーにもリーチし、話題になることで海外でのリメイク権による収益にどのように繋げられるかという問題です。『VIVANT』は日本人の精神性が根幹にある日曜劇場らしい傑作でしたが、Netflixオリジナル作品も多い中、世界を意識した作りをしている作品の中で埋もれてしまった印象です」(ドラマ制作会社関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今