冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

公開日:  更新日:

 発売中の「週刊文春」が歌手・長渕剛(58)を巡る奇妙な三角関係について報じている。

 深夜1時に長渕の自宅前で帰宅した男女を記者が直撃。その男女とは長渕とシングルマザーでモデルの冨永愛(32)。互いの自宅を頻繁に行き来する2人の関係を尋ねられた長渕は冨永と別れると、なんと記者を自宅に招き入れ、1時間に及ぶ“釈明”インタビューに応じたというのだ。

 冨永とは男女の間柄ではなく師弟関係で、家族ぐるみの仲だと説明しているが、この日、妻の志穂美悦子(59)は入院中で不在。“師弟関係”なんて嫁の居ぬ間に女を連れ込む言い訳としては稚拙というべきだろう。

 しかし、この長渕の対応が業界関係者の間で驚きを持って受け止められている。というのも、元来アーティスト気質で、マスコミとは一線を画していた長渕がゴシップ取材に「乗っかった」ことが話題になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る