ブラマヨ小杉竜一も小学生時代に受けていた…芸能人が「いじめ体験」を告白する意義

公開日: 更新日:

 ブラックマヨネーズの小杉竜一(50)が、「Yahoo!ニュースオリジナル」のインタビューで、小学校の時に受けたいじめの体験を告白して話題になっている。

 小杉は、両親の離婚を機に小学校3年の時に転校した学校で、無視や仲間はずれ、ひとりでいるとモノが飛んでくるなどのいじめを経験。いじめは「そこまでひどくはなかったのかも知れない」とは言うものの、無口で内気な性格だったため、言い返すこともできず、親や先生にも相談できなかったという。

 しかし、小学校4年で再び転校したことを機に、「いじめられていた“陰キャ”な自分を変えなきゃと“陽キャスイッチ”を入れた」という。好きだった深夜ラジオを真似たトークなどを披露すると「小杉、おもしろいな」となり、さらに空手を習って自信をつけたことでいじめを克服したという。

 小杉は、自身の3人の子供たちには、こうした経験からお笑い芸人を目指すようになったことを話しているとして、「乗り越えるのは、僕もそうでしたけど、結局自分です」「ただ、僕のやってきたことだけが正解じゃないし、それは子供たちに当てはまらないかもしれない。少しでも何か感じてくれたり、自分のピンチや過渡期に生かしてくれないかなと思って、自分の考えとか生きてきたことを話すようにしていますね」と言う。

 小杉の例はそこまで深刻なものではないのかもしれないが、民放のバラエティー番組プロデューサーは、「やはりつらい体験をしていると、反骨精神があるので、アイドルや芸人、俳優問わず、芸能界で成功している人でいじめ経験者は少なくありません」と語る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今