• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おかしく切ない 7人の女優が“女性器”について語る衝撃作

投稿日:  更新日:

 1996年にニューヨーク、オフ・ブロードウェーで初演されるや大反響を巻き起こした衝撃の舞台が14~18日、神奈川芸術劇場大スタジオで上演される。

「ま○この話~あるいはヴァギナ・モノローグス~」(訳・演出=谷賢一)。

 アメリカ人劇作家、イヴ・エンスラーが、年齢も人種も職種もさまざまな女性200人以上に「女性器」についてインタビューして書いた「ヴァギナ・モノローグス」の日本版。

 挑戦するのはユニット「ON7」(オンナナ)のメンバー7人。小暮智美、尾身美詞、安藤瞳(以上青年座)、渋谷はるか(文学座)、吉田久美(演劇集団円)、保亜美(俳優座)、宮山知衣(テアトル・エコー放送映画部)。

 どんな物語かといえば、「私のアソコが大嫌いと思っていたが、ある日、さえない男と一夜を共にする。しかし男には異常な趣味があり……」(彼がまじまじ見るから)など10編。

 おかしく切ない、生のエネルギーに満ちた、女性たちによる人間賛歌。

「あけすけなセリフが飛び交いますが、男性にもぜひ見てほしい舞台です」(尾身)

 “女性自身”をぜひナマで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る