• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とと姉ちゃん」秋野暢子“老けすぎメーク”の疑問と同情

「奇麗すぎる祖母!」「凄みがカッコいい」――朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の大地真央(60)の評判がこのところうなぎ上りだ。

 23日の放送では常子(高畑充希)に難癖をつけに来た借金取りに対して「深川とケンカする覚悟があるなら受けて立つよ」と迫力あるタンカを披露。見事、借金取りをスゴスゴと追い返したから「カッコいい!」との声が上がるのも当然だが、「それに引き換え気の毒すぎる」と言われているもう一人のおばあさん役がいる。

 常子たちが間借りしている森田屋の大女将を演じる秋野暢子(59)だ。2人とも60代後半、しかも“幼馴染み”という設定なのに、2人が並ぶシーンはあまりに対照的だ。

「確かに大地演じる滝子は深川で200年続く材木問屋『青柳商店』の女将ですが、秋野演じるまつだって、関東大震災で焼け出されたとはいえ、もとは浅草の老舗仕出し屋の大女将という設定です。演出陣としては大地の“凛”としたところを強調するため、あえて肌はツヤツヤ、髪もまるでプラチナブロンドのような白髪にしているのでしょうが、それにしても差をつけすぎ。髪形はともかく、顔はシワクチャ、日焼けで真っ黒ではちょっと可哀想です」(ドラマウオッチャー)

 ドラマでは間もなく、まつが常子の“恋のキューピッド”役を果たすことになっている。その頃にはもうちょっと身ぎれいにしといてあげないと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る