• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「とと姉ちゃん」秋野暢子“老けすぎメーク”の疑問と同情

「奇麗すぎる祖母!」「凄みがカッコいい」――朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の大地真央(60)の評判がこのところうなぎ上りだ。

 23日の放送では常子(高畑充希)に難癖をつけに来た借金取りに対して「深川とケンカする覚悟があるなら受けて立つよ」と迫力あるタンカを披露。見事、借金取りをスゴスゴと追い返したから「カッコいい!」との声が上がるのも当然だが、「それに引き換え気の毒すぎる」と言われているもう一人のおばあさん役がいる。

 常子たちが間借りしている森田屋の大女将を演じる秋野暢子(59)だ。2人とも60代後半、しかも“幼馴染み”という設定なのに、2人が並ぶシーンはあまりに対照的だ。

「確かに大地演じる滝子は深川で200年続く材木問屋『青柳商店』の女将ですが、秋野演じるまつだって、関東大震災で焼け出されたとはいえ、もとは浅草の老舗仕出し屋の大女将という設定です。演出陣としては大地の“凛”としたところを強調するため、あえて肌はツヤツヤ、髪もまるでプラチナブロンドのような白髪にしているのでしょうが、それにしても差をつけすぎ。髪形はともかく、顔はシワクチャ、日焼けで真っ黒ではちょっと可哀想です」(ドラマウオッチャー)

 ドラマでは間もなく、まつが常子の“恋のキューピッド”役を果たすことになっている。その頃にはもうちょっと身ぎれいにしといてあげないと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る