日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判

 黒木瞳(55)の初監督作品「嫌な女」(松竹、6月25日公開)が早くも評判になっている。

「関係者向け試写の評判は上々。正直、女優さんの余技だと思って期待してませんでしたがデキは素晴らしい。これが初監督作とは思えないほど」(映画関係者)

「嫌な女」は桂望実の同名ベストセラー小説に惚れ込んだ黒木の熱望で映画化が決定。人と打ち解けられず友達もいない生真面目な弁護士・石田徹子(吉田羊)と派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子(木村佳乃)のダブル主演で、境遇も立場も違う対照的な2人の女性の人生を鮮やかに描き出している。

 3月からNHKのBSプレミアムで放送される連続ドラマ版「嫌な女」では黒木自ら主演を演じるというからドラマも映画も待ち遠しい限りだが、充実した仕事ぶりの裏には暖かなプライベートがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事