仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判

公開日: 更新日:

 黒木瞳(55)の初監督作品「嫌な女」(松竹、6月25日公開)が早くも評判になっている。

「関係者向け試写の評判は上々。正直、女優さんの余技だと思って期待してませんでしたがデキは素晴らしい。これが初監督作とは思えないほど」(映画関係者)

「嫌な女」は桂望実の同名ベストセラー小説に惚れ込んだ黒木の熱望で映画化が決定。人と打ち解けられず友達もいない生真面目な弁護士・石田徹子(吉田羊)と派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子(木村佳乃)のダブル主演で、境遇も立場も違う対照的な2人の女性の人生を鮮やかに描き出している。

 3月からNHKのBSプレミアムで放送される連続ドラマ版「嫌な女」では黒木自ら主演を演じるというからドラマも映画も待ち遠しい限りだが、充実した仕事ぶりの裏には暖かなプライベートがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る