• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土屋アンナに強い味方 8月舞台「リア王」で“格さん”娘役

 例の舞台降板騒動で控訴審が始まった18日、土屋アンナ(32)に強い味方が現れたことが分かった。「水戸黄門」の“格さん”でお馴染み、時代劇の大御所・横内正(74)だ。どういうことか。

「騒動以降、舞台関係者は裁判の推移を見守るしかありませんでしたが、このたび、横内さんの呼びかけで騒動後初となる舞台に出演することが決まったのです。注目の舞台は8月に三越劇場で行われる『リア王』。もちろんリア王を演じるのは横内、土屋アンナはその娘役で、他に小松政夫、松井誠らも出演する重厚な舞台です」(演劇関係者)

 それでなくても、土屋の裁判相手・甲斐智陽氏(64)は非常にマズい立場に追い込まれている。

「土屋に3000万円の損害賠償を求めた裁判で、この1月、東京地裁に請求を棄却された上、逆に名誉毀損として土屋に33万円を支払う判決を出されているのです。“このままでは終わらない”と息巻いて始まったのがきのうの控訴審でしたが、甲斐氏に有利な新たな証拠が出てくる可能性は限りなく低いとみられています」(裁判関係者)

 その上、舞台復帰が決まったとなると、土屋にとって裁判は「もう終わったも同然」か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る