土屋アンナに強い味方 8月舞台「リア王」で“格さん”娘役

公開日:  更新日:

 例の舞台降板騒動で控訴審が始まった18日、土屋アンナ(32)に強い味方が現れたことが分かった。「水戸黄門」の“格さん”でお馴染み、時代劇の大御所・横内正(74)だ。どういうことか。

「騒動以降、舞台関係者は裁判の推移を見守るしかありませんでしたが、このたび、横内さんの呼びかけで騒動後初となる舞台に出演することが決まったのです。注目の舞台は8月に三越劇場で行われる『リア王』。もちろんリア王を演じるのは横内、土屋アンナはその娘役で、他に小松政夫、松井誠らも出演する重厚な舞台です」(演劇関係者)

 それでなくても、土屋の裁判相手・甲斐智陽氏(64)は非常にマズい立場に追い込まれている。

「土屋に3000万円の損害賠償を求めた裁判で、この1月、東京地裁に請求を棄却された上、逆に名誉毀損として土屋に33万円を支払う判決を出されているのです。“このままでは終わらない”と息巻いて始まったのがきのうの控訴審でしたが、甲斐氏に有利な新たな証拠が出てくる可能性は限りなく低いとみられています」(裁判関係者)

 その上、舞台復帰が決まったとなると、土屋にとって裁判は「もう終わったも同然」か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る