名古屋の20センチ上回る…東京のドカ雪 春までに10回

公開日:  更新日:

 今月17日の名古屋での大雪は、東京でのドカ雪を暗示している――。気象専門家の間で、厄介な予測が浮上している。今シーズンの東京は、名古屋の積雪20センチを上回るような大雪が春先まで相次ぐというのだ。

■エルニーニョもどきの影響

 日本海側に比べて雪が降りにくい太平洋側の東京が雪に覆われるのはなぜか。

 海洋研究開発機構アプリケーションラボ所長の山形俊男氏が言う。
「気象庁は、ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象から暖冬を予測したのですが、海水温を詳しく分析すると、水温が高いエリアは太平洋の中央で、ペルー沖は低く、エルニーニョとは微妙に異なる“エルニーニョもどき”です。このケースだと、北極を中心として鉢巻き状に反時計回りに回る偏西風が、日本付近で南に蛇行します。蛇行した部分に吹き込んだシベリアの寒気に、北海道から九州まで広く覆われるため、日本海側の豪雪地帯だけでなく、太平洋側でも雪が降りやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る