日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エルニーニョと地震に因果 「暖冬明け」に天災がやって来る

 北海道の雪不足が指摘された直後、徳島県で大雪被害が発生。この冬は、なにかおかしいが、注意すべきはこれからだ。

 気象庁が10日、5年ぶりに「エルニーニョ現象」が発生していると発表した。太平洋の海面の水温が高くなる現象で、日本でも暖冬になる可能性が高いという。気になるのは、過去の“天災”は「暖冬明け」の年に多いことだ。

 2006年から07年の2シーズン、暖冬で全国各地のスキー場の雪不足が問題になった。07年3月に「能登半島地震(震度6強)、同7月には「新潟県中越沖地震(震度6強)」。08年2月に桜島噴火、同8月に浅間山の小規模噴火が起きた。10年12月も暖冬により、降雪量が減少。北海道を中心にスキー場に打撃を与えた。で、11年3月、東日本大震災だ。

■異常気象が地震の引き金

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事