孤立続く徳島大雪 災害長期化の原因は「IP電話」だった

公開日:  更新日:

 大災害の背景に意外な盲点だ。徳島県を襲った大雪の影響で8日、つるぎ町の古川ミサ子さん(98)が亡くなった。いまだに三好市、東みよし町、つるぎ町の3市町では122世帯200人が孤立状態。自治体職員らは安否確認を進めているが、連絡が取れない住民もいるという。

 孤立者が出てから、きょうで5日目。長期化した一因は、意外にもIP電話の普及だ。IP電話は一般の電話回線を使わず、ネット回線などを通して音声を伝えるサービスで、停電すると電源がなくなり通話ができなくなってしまう。

 徳島県は、2011年の地上波デジタル放送移行をきっかけにCATV網の普及を後押し。基本料、通話料ともに安いこともあり一気に普及した。現在、三好市では87%、東みよし町は80%、つるぎ町ではほぼ100%の家庭が使用しているという。全国で見ても、14年3月時点で、IP電話の契約者が固定電話の契約者数を上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る