北海道は記録的雪不足 異常気象「極端化現象」が日本を襲う

公開日: 更新日:

 米国全土が先月、大寒波に見舞われ、常夏の島「ハワイ」でも氷点下を記録したのには驚いたが、日本は逆に深刻な“雪不足”だ。北海道の11月の降雪量は平年の35%と、記録が残る1961年以降、5本の指に入る異常事態なのだという。

「この秋、北日本、日本海側で気温が高かったため、雪にはならず雨が降った。気温の上昇で、年々、雪が降る出足が遅れているといえます」(ウェザーマップの気象予報士・河津真人氏)

 雪不足なのは北海道だけじゃない。専門家の間では北アルプスや富士山でも降雪量が年々少なくなっているというのだ。

■今年は異常気象ラッシュ

 振り返れば、今年の日本は異常気象ラッシュだった。山梨で記録的な豪雪だったほか、東北地方では連日「乾燥注意報」が発令されて山火事が相次いだ。東京の三鷹市では季節外れのひょうが降り、数十年に1度の局地的豪雨が都内を襲った。広島で大型台風による土砂災害被害が出たのも記憶に新しい。日本の気象は今後、どうなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る