首相ご満悦も…「自動運転車」日本は世界の3年遅れ

公開日:  更新日:

「さすが日本の技術は世界一」

 安倍首相が9日、満足げにこう言った。トヨタ、日産、ホンダが開発中の自動運転車で、国会周辺を一周してのことだ。

 国内メーカー関係者は「日本における自動運転車開発に、ようやくエンジンがかかる」と鼻息荒い。2020年の東京五輪をターゲットに市販化を目指す日産の志賀俊之副会長も、「総理に実際にご試乗いただき、自動運転の実現に向け大きな一歩を踏み出すことができた。今後政府や関係機関、企業との連携をより一層、強化していきたいと考えています」と大喜びだ。

 ところが、日本が世界に誇る自動車産業の先行きが明るいかといえば、そうではない。「IT」という角度から自動運転車を見れば、日本はすでに米国の後塵を拝している。

「米国で開発をリードしているのは、自動車メーカーではありません。自動運転で重要な地図情報を牛耳っているシリコンバレーのIT企業です。その代表企業であるグーグルは去る先月31日、〈無人走行車は人間の運転より安全だ〉というリポートを発表しました。自動走行車から収集したデータを解析した結果、人間による運転よりも自動走行車の方がブレーキとアクセル操作、前方の車との車間距離の取り方が適切だったという内容です。これからIT企業との連携を強化する構えの日本自動車メーカーは、少なくとも3年は遅れています」(米在住ITジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る