実現性は? 「自動運転カー」で高速道路を“手放し走行”する日

公開日: 更新日:

 イライラが募る渋滞をクルマが自動で運転してくれ、面倒な車庫入れも自動で楽チン――。そんな未来の自動運転車の開発に、大手3社がシノギを削っている。

 ホンダは15日、都内で開催中の「ITS(高度道路交通システム)世界会議」で歩行者の動きを予測して走る自動運転車を初公開したほか、7日にはトヨタが自動運転技術をメディアに披露している。この2社に先行する形で、日産は9月、2020年までの商品化を公表した。エコカーに次ぐ待望の新技術だけに三つ巴の様相だ。

 自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「日産やホンダが発表したのは、市街地走行を意識したもので、日産は自動で駐車車両の追い越しができ、交差点に進入できるようにした。ホンダは、車載カメラとレーダーで、歩行者の向きを予測し、〈道路を渡る〉と判断されると、自動でブレーキがかかり、事故を未然に防ぐ仕組みです。どちらもすごいが、実際の市街地を走行するにはまだまだ。突然、路地から自転車が飛び出してくるかもしれないし、客を見つけたタクシーが急に路肩に車を寄せてくるかもしれません。すべての予期せぬデキゴトには対応できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る