異例の大歓迎…韓国ソウル市で舛添都知事は“首相気取り”

公開日: 更新日:

 韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。

「全国紙の全面広告ですから安くありません。財政難の中でここまでやるのは、それなりの計算があるのでしょう。6月に再選されたばかりのソウル市長は、野党・新政治民主連合の将来の大統領候補になる可能性が高いと噂される人物です。支持率急降下の朴大統領に代わって、安倍首相包囲網に舛添知事を取り込もうという魂胆ではないか」

 東京とソウルの両首長が、それぞれの国のトップを出し抜こうとしている――。
 そんな構図だが、今ごろ安倍首相は内心、舛添外交を苦々しく見ていることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る