都議暴露 「セクハラヤジ」の瞬間、舛添知事は笑っていた

公開日: 更新日:

 東京都議会の塩村文夏議員(35)が本会議の質問中に浴びせられた「セクハラヤジ」問題で、塩村議員が20日、発言者の処分を求める要求書を吉野利明議長に提出した。

 この問題で、都議会には1000件を超す怒りの声が殺到。騒動は拡大するばかりだ。批判の多くは「セクハラヤジ」の“犯人”を“かくまっている”とみられる自民党に集中しているようだが、その自民党議員と一緒に「セクハラヤジ」の議場で薄ら笑いを浮かべていたのが、舛添要一東京都知事だ。

 みんなの党の音喜多駿議員はブログで、その時の様子をこう書いている。

<議場からとても大きな声で『そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのかっ!!』という、信じられない野次(やじ)が飛んだのです。議場の一部は笑いに包まれ、舛添知事も少し笑っていました。僕は見てましたよ、しっかり>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る