キーワードは「リーマン危機前高値」 これから上がる24銘柄

公開日:  更新日:

 株式市場は、相場格言の「押し目待ちに押し目なし」を地でいくような上昇ぶりだ。18日も日経平均は約15年ぶりとなる1万9500円台で引け、「あと500円で大台を突破する」という声がアチコチで上がった。19日は反落したものの、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)や日銀など公的マネーが買い支える歪んだ官製相場。海外投資家の「買い」も旺盛で、3月第1週まで4週連続で買い越した。

「平均株価が2万円を超えるまで市場の熱狂は冷めないでしょう。今から投資対象を探すなら、キーワードは“リーマン・ショック前の高値”です」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

 日経平均がリーマン前の高値1万8261円(終値)を突破したのは今年の2月19日。同時期に個別銘柄でも“リーマン超え”は続出したが、日本を代表する大型株、トヨタ自動車が長らく未達成だったことで市場はやきもきしていた。ところが、日経平均から遅れることほぼ1カ月。トヨタは2月17日にようやくリーマン前の高値を超えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る