6月「株主総会」は大荒れ 米最大コンサルが500社人事に反対

公開日:  更新日:

 株主総会でとんだ“サプライズ”が飛び出すかもしれない。投資家に対して株主総会での議決権行使の助言をする米国の会社「ISS」が日本企業500社をリストアップし、6月の総会でトップ人事案に反対を促す方針を打ち出したからだ。

 ISSが重視するのは、企業の収益力を示す代表的な指標「自己資本利益率(ROE)」だ。過去5年で平均5%を下回り、直近の決算でも改善が見られなければ、顧客の機関投資家などに社長や会長人事に反対するよう促すという。経済ジャーナリストの有森隆氏はこう言う。

「ISSは議決権行使助言の世界最大手。今年3月にあったキリンホールディングスの株主総会では、社長人事案への反対票が前年の6%から21%に急増しました。2014年12月期決算で、ROEが前年の8・5%から3%に低下し、持ち株比率の29%を占める海外投資家の多くがISSの助言に従ったとみられている。ここの影響力はかくも絶大なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る