新番組が惨敗 フジ亀山社長を待つ株主総会での“つるし上げ”

公開日:  更新日:

 フジテレビの現場から断末魔の悲鳴が聞こえてくる。今春、ゴールデン&プライム帯で40%超えとなる異例の超大幅改編を断行したが、早くも大失敗の結果が浮き彫りとなってきたのだ。

 局員の心をポキッと折ったばかりか、やる気まで奪ったといわれているのが水10ドラマ「心がポキッとね」。山口智子の復活ドラマとして期待度は高かったが、初回視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。かろうじて2桁台にとどまったものの第2話、第3話とも7.5%では打ち切り必至である。

「真裏で堺雅人が主演の日テレ『Dr倫太郎』が始まったとはいえ、あり得ない設定と感情移入できない出演者にブーイングの嵐です。視聴率が5%を切るのは時間の問題。制作費も山口以下、ギャラがかさんで大赤字です。嵐の相葉雅紀主演の月9『ようこそ、わが家へ』も第1話13.0%、第2話は11.4%。今後、数字がアップする理由が見当たらないだけに深刻です」(ドラマ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る