新番組が惨敗 フジ亀山社長を待つ株主総会での“つるし上げ”

公開日:  更新日:

 フジテレビの現場から断末魔の悲鳴が聞こえてくる。今春、ゴールデン&プライム帯で40%超えとなる異例の超大幅改編を断行したが、早くも大失敗の結果が浮き彫りとなってきたのだ。

 局員の心をポキッと折ったばかりか、やる気まで奪ったといわれているのが水10ドラマ「心がポキッとね」。山口智子の復活ドラマとして期待度は高かったが、初回視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。かろうじて2桁台にとどまったものの第2話、第3話とも7.5%では打ち切り必至である。

「真裏で堺雅人が主演の日テレ『Dr倫太郎』が始まったとはいえ、あり得ない設定と感情移入できない出演者にブーイングの嵐です。視聴率が5%を切るのは時間の問題。制作費も山口以下、ギャラがかさんで大赤字です。嵐の相葉雅紀主演の月9『ようこそ、わが家へ』も第1話13.0%、第2話は11.4%。今後、数字がアップする理由が見当たらないだけに深刻です」(ドラマ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る