日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨額損失処理の恐れ 東芝を襲う“米ウエスチングハウス爆弾”

 本当の修羅場はこれからやって来る――。「不正会計」で大揺れの東芝に対し、市場から不気味な声が漏れてくる。

「東芝の最大の爆弾は06年に買収した原子炉メーカーの米ウエスチングハウス(WH)です。今回の不正発覚で、東芝経営陣が口をつぐんできたWH絡みの巨額損失が表に出てくる可能性が高まっているのです」(市場関係者)

 06年に東芝陣営は54億ドル(約6000億円)でWH社を買収。東芝は42億ドル(約4800億円)を負担したが、買収額は相場の3倍ともいわれ、市場は「高い買い物では?」と危惧した。

「当時のWH社の企業価値(純資産)が2000億円だとすると、買収金額のうち4000億円が“のれん代”になります。WH社が絶好調であれば、会計処理も難しくはなかったでしょうが、東日本大震災で原発ビジネスは大きく落ち込んだ。会計上、減損(損失を決算書に反映させる)する必要があったのに、東芝は処理していないといわれています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事