上場廃止回避も… 市場が恐れる東芝「第2、第3の内部告発」

公開日: 更新日:

“粉飾決算”問題で上場廃止もささやかれた東芝株は、「特設注意市場銘柄」に指定される見通しだ。

 とりあえず上場廃止が回避され、24日の東芝株は、前日比2.2円安の387.5円と“安定低空飛行”となったが、一安心とはいきそうもない。

「東芝が来月末にも公表する有価証券報告書などを東証が審査し、特注銘柄に指定。指定から1年経っても内部管理体制に改善がみられない場合は上場廃止に、という流れです。時価総額1兆7000億円の東芝株が直ちに上場廃止では、市場に与える影響が大きすぎる。そんな東証のお目こぼしで、1年間の執行猶予がついたともっぱらです」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

「悪材料は出尽くした」「割安感がある」などと買いに回る個人投資家もいるようだが、兜町界隈では「まだ第2、第3の内部告発が怖い」なんてささやかれているから、ご用心だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る