チャートは大崩れ…誰も読めない日経平均の“下値メド”

公開日: 更新日:

 兜町が“理由なき大幅下落”に怯えている。

「29日は中国株の暴落や、VWショックといった最悪材料はなかった。それなのに株価はズルズルと下がり続けた。不気味としか言いようがない」(証券アナリスト)

 29日の日経平均は前日比で700円以上も下落し、約8カ月半ぶりとなる1万7000円割れで取引を終えた。6月下旬に付けた高値2万868円からは4000円近い下落で、時価総額は最盛期の約600兆円から496兆円(29日終値ベース)に減少。わずか3カ月間で100兆円以上が吹き飛んだのだ。30日は450円以上盛りかえしたものの、相場は不安定だ。

「いくつかの不安要素はあるにせよ、ハッキリとした下落要因がない日でも、株価はジリジリと下がる。こうなると、どこまで下落するか誰も読めない。下値メドは1月につけた年初来安値1万6592円でしょう」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る