郵政グループ上場相場で稼ぐ“裏ワザ” 「換金売り」狙い目銘柄

公開日: 更新日:

 兜町は郵政グループの上場に沸き立っている。19日にはゆうちょ銀行とかんぽ生命の売り出し価格が仮条件の上限(ゆうちょ銀行は1450円、かんぽ生命は2200円)で決まった。「郵政株の人気を裏付けた格好」(市場関係者)だが、市場に流れる株式公開後の初値予想は意外と冷静だ。ゆうちょ銀行が1600~1800円、かんぽ生命が2200~2400円となっている。

「あくまで現段階での予測ですから、上振れは十分に考えられます。ただし、1987年のNTT上場時(売り出し価格119万7000円→初値160万円)のようなフィーバーは期待できないかもしれません」(証券アナリスト)

 これには理由がある。株式投資の判断基準となる指標を見ると、郵政グループ3社のPBR(株価純資産倍率)は約0.5倍と割安な水準ながら、PER(株価収益率)は約15倍と割高。見る角度によって評価が分かれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る