iPhone“失速”は想定内 アップルが見据える「次の次」

公開日: 更新日:

「ピントがずれているのでは?」なんて指摘もある。米アップルが日本時間の22日、新製品発表会を開いたが、世間の声は「成長神話に陰り」なんて、あれこれとかまびすしい。

 確かに、米アップルが1月に発表した2016年1~3月期の売上高予想は、13年ぶりの前年割れ。これまで好業績を支えてきたアイフォーンの失速は明らかで、MM総研によると、昨年の日本国内の出荷台数は前年比約11%減。08年の日本進出後、初めて前年を下回った。昨年秋に発売した新機種「6s」「6sプラス」が不発だったせいだ。

「それも当然で、スマホは日本など先進国では飽和状態です。よほど劇的な進化をアピールできない限り、伸びシロはもうない。それでなくても日本ではスマホ料金の実質0円廃止で、出荷台数はさらに減少するといわれる。そもそも今回の発表会も、先進国の買い替え需要の掘り起こしというより、まだスマホが行き渡っていないアジアや中南米諸国に向けたアピールでしょう」(大手キャリア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る