実は誰にも恩恵なし 携帯値下げで“ケータイ不況”が始まる

公開日:  更新日:

 ガッカリだ。携帯電話料金の引き下げをめぐってスッタモンダしていた総務省の有識者会議が16日、最終報告をまとめたが、サラリーマンには何のメリットもなさそうだ。

 最終報告では、大手に月額5000円以下の割安プランの導入を求めている。大手スマホの現在の月額利用料金は平均6342円(MM総研調べ)。それと比較すればお得なような気もするが、これは、あくまで高齢者を中心としたライトユーザー向けプランの話だ。

「大手3社は月のデータ使用量1GB以下で5000円以下というプランを導入してお茶を濁す、とみられています。仕事でもスマホを使うミドルユーザーのサラリーマンなら、最低でも月に2~3GBは必要で、結局、追加料金を払う羽目になるでしょう」(大手携帯会社関係者)

 最終報告では、他社から乗り換えさせるための「実質ゼロ円」なんて過剰な値引き合戦を控えろとも言っているが、これだって既存の利用者が得をするわけじゃない。そのぶんの携帯端末料金を乗り換え、買い替え組が負担するだけの話だ。ちなみに、最新の「アイフォーン6s」の上位機種は正価で10万円前後。庶民には高根の花だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る