日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新機種ヒットの裏で…iPhone5s投げ売りのカラクリ

 米アップルの新型スマホ「iPhone6」と「6Plus」を転売して一儲け企む人が話題になったが、意外にも旧機種の「5s」でも稼げると話題になっている。代理店によっては、「5s」の端末料金がタダになるだけでなく、購入台数に応じたキャッシュバックを出しているからだ。

 ネットで「5s」「一括」「キャッシュバック(CB)」などの単語を検索すると、あるわ、あるわ。「一括0円1台。2台なら1万円CB。3台で4万円CB」なんていうのは安い方で、「CB3台セット10万5000円。4台14万円。5台セット17万5000円」と強気の店も。台数が多いほど、キャッシュバックが増える仕組みだ。

 家族の分をまとめて乗り換えて20万円近い“臨時ボーナス”が手に入るのはデカい。スマホならどれでもいい人は一石二鳥だが、代理店は懐が痛まないのか。代理店関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事