対抗策はあるのか “空売りファンド”来襲に東京市場大揺れ

公開日:  更新日:

 米空売りファンド「グラウカス・リサーチ・グループ」の来襲に東京市場が揺れている。

 空売りとは、証券会社から株を借りて売り、株価が下がったところで買い戻して儲ける手法。グラウカスは上場企業の不正に関する独自の見解を提示し、空売りすることで知られているが、日本での最初の標的になったのは「伊藤忠」だった。

 7月27日、市場が開く前に伊藤忠株を「強い売り推奨」するリポートを公表。目標株価を631円とした。リポートが出る前(7月26日)の株価は1262円だったから、同社株は半値に暴落する、という衝撃的な内容だ。「伊藤忠の記録的な利益は幻影にすぎない」とまで言い切った。

 このリポートを受けて伊藤忠株は大きく売られた。27日に一時、前日比126円50銭(10%)安の1135円50銭まで下げ、年初来の安値を更新した。その後、少し戻したが、12日終値は1212円50銭。リポートが出る前より依然、低い水準だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る