ついに日本上陸…不祥事企業を漁る“空売り屋”とは何者か

公開日: 更新日:

“空売り屋”が日本に乗り込んできた。空売りとは、株を借りて行う取引。例えば、借りた株を100円で売って、後から市場で60円で買い戻す。差額の40円が利益となる。

「ついに来たか……という印象です。何しろ日本企業は不祥事を連発しています。不正会計の東芝、燃費不正の三菱自動車とスズキ、エアバッグ問題のタカタなどは、不祥事により株価が暴落しました。空売り屋は、次の不祥事企業を探しに来たのでしょう」(市場関係者)

 正式名称をグラウカス・リサーチ・グループ(米国)という。

 これまで米国はじめ香港、シンガポールなどで投資し、20銘柄以上を空売りの対象にしてきた。なかには、売られに売られ、90%以上の株価暴落に見舞われた銘柄がある。

 海外投資家に詳しいエフピーネットの松島修代表は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る