日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲“盛り土前提”で環境評価…再審査には最低1年以上

 豊洲新市場の主要な建物の下に盛り土がされていなかった問題で、東京都によるデタラメがまた新たに浮上してきた。

 建設前に都が実施した環境影響評価(アセスメント)が盛り土を前提としており、実態とかけ離れたものだったのだ。

 東京都は条例により、大規模な開発事業を行う業者に対して、環境影響評価書の作成を義務付けている。都中央卸売市場は2010年10月、敷地全面に盛り土することを前提に豊洲新市場のアセス評価書を作成、都の環境局に提出した。

 都は翌11年3月、全面盛り土案に基づく建物の基本設計を日建設計に発注。3カ月後の11年6月に納品された基本設計書には建物下に地下空間が設けられていたにもかかわらず、都はこの設計変更を有識者らによる環境アセス審議会には伝えず、審議会はそのまま全面盛り土案による環境アセスを11年8月に公表。これに基づいて都は同月、土壌汚染対策工事を契約したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事