• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WOWOW<下>3度目のビジネスモデルの転換が生き残りのカギ

 2000年代に、BS放送はデジタル時代に突入していた。そして、デジタル対応のテレビには、最初からWOWOWのデコーダーが内蔵されていた。一見、WOWOWにとってはビジネスチャンスが広がったように思えるが、実際には電器店での販売がなくなる、つまり営業手法がまったく変わることを意味していた。その結果、アナログからデジタルの引き継ぎ期に、WOWOWの加入者は減り続けた。

 そこで06年にNHKからWOWOW会長に転じた和崎信哉氏(07年に社長、15年から会長)は、ビジネスモデルを見直した。NHKで「シルクロード」などを制作していた和崎氏は、「テレビ局にとって番組作りがもっとも重要」という原点回帰を目指した。佐久間時代には機器の販売に力を注いだ分、コンテンツの充実の優先度が低かった。それを和崎氏はひっくり返した。

 WOWOWの人気番組に「ドラマW」がある。民放テレビのドラマはスポンサーがいるため、多くの制約がある。しかし、WOWOWならそれがないため、優秀なクリエーターの多くがWOWOWに参集、それが視聴者の心を掴んだ。この路線は和崎氏が就任して以降、強化してきたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る