ゴーン再逮捕で脚光 “報酬委員会のない”大企業25社リスト

公開日:  更新日:

 日産自動車前会長のゴーン容疑者が10日、直近3年間の報酬についても金融商品取引法違反容疑で再逮捕された。

「海外メディアを含め、ゴーン報道は過熱しています。9日付の米ウォールストリート・ジャーナルは、ゴーンによる『更迭』を察知した西川社長のクーデター説を報じたし、フランスのメディアは再逮捕を受け、『クリスマスは監獄で』と伝えています。日産の外国人役員と特捜部とのリーク争いも加わり、海を越えた報道合戦は一段とヒートアップしそうです」(市場関係者)

 連日のゴーン報道の中、兜町界隈で11月下旬に米ゴールドマン・サックス(GS)が出した役員報酬に関するリポートが話題沸騰だ。

 日産は、役員報酬を決める「報酬委員会」を設置していなかった。ゴーンは未設置を悪用し、好き勝手に自分の報酬額を決定していたとされる。GSリポートは、そこに着目した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る