子供の顔と東京五輪メダル…吉田沙保里に託された父の遺志

公開日:  更新日:

 女子レスリングの歴史に名を刻んだ鬼コーチがこの世を去った。
「霊長類最強の女」といわれる吉田沙保里(31)の実父で、日本の女子レスリングの隆盛に貢献した吉田栄勝日本代表コーチが11日、くも膜下出血で帰らぬ人となった。

 享年61。自身が設立したちびっ子レスリングの「一志ジュニア教室」で、吉田を幼少の頃から指導。吉田の最大の武器で代名詞でもある「高速タックル」は栄勝氏の厳しい指導によって完成したものだ。

 折しもこの日は、15日開幕の女子レスリングW杯に備えた代表合宿の初日。日本レスリング協会の福田富昭会長以下、代表首脳陣、選手ら集まった関係者は深い悲しみに包まれた。

 栄勝氏とは吉田を久居高2年生の時から指導して以来の付き合いという栄和人女子代表監督は「沙保里の結婚、子供を見届けないうちにあの世に逝ってしまったのは心残りでしょう」と涙ながらに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る