不祥事続出で財政危機…桃田賢斗をいまだ「客寄せパンダ」にするバドミントン協会の前途多難

公開日: 更新日:

 日本バドミントン協会が25日、都内で会見を開き、2024年の日本代表選手を発表した。

 会見の冒頭、村井満会長は「今日は代表中心の議論になりますが、(協会には)様々な不祥事があり、当初はガバナンス改革から着手しました。同時に、日本バドミントン協会は大きな財政再建の途上にある」と、組織の現状を改めて説明。同協会は元職員による着服を隠蔽するなど、不祥事が相次いでいる。事態を重く見たJOCは昨年、同協会への強化交付金を2割カット。組織のガバナンス体制が疑問視され、ついには財政までも厳しい状況に。村井会長はこう続ける。

「財政的な問題は、我々側のマネージメントの問題が大きい。例えば、本当に月次のキャッシュフローを見てるのかとか、管理会計を見てるのかとか、様々なところで本当に何も手がつけられていない状況でした。理事にも幹事にも会計士がついていないような状態だったので、この危機的状況でマネージメント体制をどうしていくかを今やってるところです」

 昨年末には看板スポンサーのダイハツの大規模不正が明らかになり、いよいよ泣きっ面にハチ状態。そんな中、今回の代表選考では桃田賢斗(29)がA代表入り。一方で、世界ランキングパリ五輪選考ランキングともに桃田より上位の渡辺航貴(24)がB代表と逆転現象が起こっている。選考の理由を問われた朝倉康善副会長はこう言った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった