• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第4回>夏場にニット帽の力士は風俗通い

 風俗好きの力士は多い。精悍な風貌でファンも多い某力士はソープランド狂い。本場所中でも巡業中でも構わず、泡姫との情事で英気を養っている。そんな力士たちの間で1番人気なのが、熊本県にある「B」というソープランドだ。「どの女の子がついてもハズレはない」といわれており、若くて美人の泡姫揃い。半年先まで予約で埋まっていた時期もあったほどだ。

 大相撲は福岡での11月場所を終えると、冬巡業で九州各地を回る。熊本巡業となるや、「B」に力士が殺到。予約が取れず、肩を落としてブツブツ言いながら別の店に行く者もいる。

 それにしても、力士はどんな格好で風俗店に行くのか。力士は原則として、着物以外での外出は禁止。かといって、それでは誰が見ても正体がバレてしまう。

 繁華街の飲食店に勤務する店員はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る