<第4回>夏場にニット帽の力士は風俗通い

公開日:  更新日:

 風俗好きの力士は多い。精悍な風貌でファンも多い某力士はソープランド狂い。本場所中でも巡業中でも構わず、泡姫との情事で英気を養っている。そんな力士たちの間で1番人気なのが、熊本県にある「B」というソープランドだ。「どの女の子がついてもハズレはない」といわれており、若くて美人の泡姫揃い。半年先まで予約で埋まっていた時期もあったほどだ。

 大相撲は福岡での11月場所を終えると、冬巡業で九州各地を回る。熊本巡業となるや、「B」に力士が殺到。予約が取れず、肩を落としてブツブツ言いながら別の店に行く者もいる。

 それにしても、力士はどんな格好で風俗店に行くのか。力士は原則として、着物以外での外出は禁止。かといって、それでは誰が見ても正体がバレてしまう。

 繁華街の飲食店に勤務する店員はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る